2017年5月9日

井伊直虎ゆかりの龍潭寺、その後犬山城へ行ってきました



井伊直虎ゆかりの龍潭寺へ

GW中に夫の運転で奈良から日帰りで行ってきました。

朝6:00頃奈良・斑鳩を出発。天理ICから名阪国道→東名阪→伊勢湾自動車道→東名高速を通り、三ヶ日ICで降り、湖側を通るルートで龍潭寺へ。

早朝だったせいか高速道路もほとんど渋滞なく、三ヶ日ICを降りてからは、のどかな田舎道で、天気も良く、時折見える湖面がキラキラしていて、のんびり快適なドライブ。
全然混んでくる気配もないし、拝観開始時間の9:00ジャストに到着しそうだし、完璧やん♪と浮かれていたら、龍潭寺の駐車場はすでに満車。。。あわてて少し先の井伊谷宮へ進むと、辛うじて1台分のスペースを発見。なんとかウロウロせずに車を停めることができました。

龍潭寺へ向かうと、すでに長蛇の列が。。。


団体バスツアーの方が結構来られているようでした。列に続いて中へ入ってからもずっと大混雑。「秋に来た時は数えるほどしかいなかったのになあ。」という声が聞こえてきました。大河効果恐るべし。

仏像さんも心なしか困惑気味。


井伊家赤備え具足。こんなにきれいな状態で残っているなんて。


庭園は音声案内付きでした。


外から見た本堂。


仁王門。


人のお墓の写真撮るのもどうなのかとは思いましたが・・・
左奥から2番目が直虎さんのお墓だそうです。


お手入れが行き届いていて、風情のあるお寺でした。特に庭園が素晴らしかったです。ここが関西だったら、大河関係なく、静かになったころにまた訪れたかった思いました。


幼少期のロケ地天白磐座遺跡へ
境内を一通り回った後、天白磐座遺跡へ。「てんぱくいわくら」と読むらしいです。龍潭寺に置いてあった探訪MAPによると、古墳時代から鎌倉時代まで祭祀場だったと考えられる場所で、土器や祭具が多く発見されているのだそう。直虎の幼少期のロケ地だというので行ってみました。(そのシーンはあまり覚えていませんが。。。)

龍潭寺から徒歩10分強ぐらい。
途中、直虎さんが晩年を過ごしたとされる妙雲寺がありました。


比較的最近開発された感じの住宅地を抜けると、天白磐座遺跡へ続く神社の入り口がありました。隣の空き地(?)ではご老人方がゲートボールに興じておられ、なんだか思ってたのと違うなーと思いつつ、中へ進むと、ちょっとした非日常的な空間が広がっていました。


巨大な岩を中心に、石がたくさん転がっていました。
ここだけ空気が違う感じがします。
まさにパワースポットという感じです。




賽銭箱があったので、お賽銭を入れてきました。いいことありそうな気がします。
観光客の方も少なく、穴場かもしれません。



井伊氏発祥の井戸へ
一旦龍潭寺へ戻り、井伊氏発祥と伝わる井戸へ向かいました。
(ドラマの中で度々登場するあの井戸だと思われます。)
井戸は田んぼの真ん中にぽつりとありました。遠くから見ると、田んぼの真ん中へ行列が連なる不思議な光景です。


覗くと思ったより浅く、硬貨が数枚投げ入れられていました。


井伊谷城址や井伊氏居館跡など、見たいところは他にもありましたが、なんせ日帰りなので、直虎ツアーはこれで終了。



「さわやか」はあきらめて浜名湖SAへ
ちょうどお腹も減ってきたので、噂の「さわやか」の本店へ向かいました。・・・が、駐車場のガードマンのお兄さんに3時間待ちといわれ泣く泣く断念。GWだからなのか、普段からなのか、すごい人気なんですね。

あきらめて高速に乗り、浜名湖SAで「八丁味噌どて温玉丼」というのを頂きました。これがなかなかおいしかった♪



犬山城へ

昼食を終え、帰るにはまだ早かったので、急遽愛知県の犬山城に寄ってみることに。
織田信長の叔父さんの織田信康が改修して建てた国宝五城の一つだそうです。
高速で小牧ICまで渋滞することもなく快適なドライブ。IC降りてからも、渋滞にはまることもなく犬山城周辺まで移動できたのですが、第1から第3駐車場まですべて満車。。途方に暮れていると臨時駐車場への案内標識を発見。ぐるぐる回ってなんとか停めることができました。
が・・・天守閣に登るのに1時間待ち。。。せっかくなので頑張って並びました。


でもその甲斐あって素晴らしい体験ができました。
最上階からの眺めは絶景でした!




でも怖かった!!
階段は狭いし急だし、最上階は外に出て一周できるのですが、手すりが低いので足がすくみっぱなしでした。
四つん這いで移動したいくらいでした。誰も落ちたことないんだろうか・・・



ところで、お城と言えば年配の男性の趣味というイメージが強かったのですが、若いカップルや女性の友達連れの姿が目立ったのが意外でした。ゲームとかの影響なんでしょうか??歴史的な物がブームになるのは嬉しいことです。

関西人なのにまだ姫路城に行ったことがないので次は姫路城に行ってみたいです。

こちらの記事もどうぞ

2017年4月20日

急激に睡魔に襲われるASMRの不思議

ASMRがどの程度メジャーなのかは知りませんが、私はつい数か月前に知りました。

wikipediaではこんな風に説明されています。
Autonomous Sensory Meridian Response (ASMR) は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚(正式な・あるいは一般的な日本語訳は今のところ存在しない)。

例えばこの動画をイヤホンで聞くと、私の場合、頭の奥がぞわっとして睡魔が襲ってきます。



ただひたすら石鹸を削っているだけの音なのですが、特殊な方法で録音されているため、耳のすぐ横で削っているような錯覚に陥ります。

私は昔から太鼓のような一定のリズムの音や、一定速度で排出される印刷物の音、遠くで聞こえる工事の音など、ある特定の音を聞くと頭がぼーっとなって眠くなってくるのですが、これが何なのかずっと不思議に思っていたのです。ASMRのことを知った時、これかあ!と納得しました。

どの音に反応するのかは人それぞれだなのだそうで、まったく反応しない人もいるそうです。夫に試したら何も感じない言われました。
脳の中で何が起きているのか、まだ科学で解明されていないそうで、それもまた興味深いです。
ややアダルトチックなネーミングが付いていたりもするようですが、脳内物質的には関係あるのかもしれません。
私は母胎にいた時の音と関係あるのかなあなんて思っているんですが。。

たくさんのASMR動画がアップされていますが、ひたすら石鹸を削ったり、ひたすらシェービングクリームを混ぜたりしているだけの動画なのに視聴回数800万回とかいうのが、冷静に考えるとおもしろいです。

この動画なんて、パッケージから中身を取り出して並べていっているだけなのに!こういうカサカサした作業音に反応する人も結構いるみたいです。私もです。



気持ちよく眠りに入れるのでつい依存してしまいそうになるのですが、毎日のように視聴していると、だんだん耐性ができて効き目がなくなってくるんだそうです。

こちらの記事によると、そんな時は、1~2週間程視聴をやめるとまた感覚が戻ってくるんだそう。
Watching too many YouTube videos could be killing the 'brain orgasm' and desensitize people | Daily Mail Online

なんとも不思議ですね。。

2017年3月29日

桜の様子を見に法隆寺へ 2017

今年はなかなか暖かくならないし、まだまだ咲いてないんだろうなー、でもちょこっとぐらい咲いてたりして・・・
と淡い期待を胸に、法隆寺まで歩いてみました。

結果はご覧の通り。まだまだでした。


ほとんどこんな感じなのですが、今にも咲きそうな蕾も見かけました。

これなんてあともう一息という感じです。


来週はようやく暖かくなりそうだし、いよいよ咲き始めるのかな?
楽しみです♪

ちなみに今、中門(金剛力士像が立っている門)が工事中で、上から工事用のネット(?)で覆われているので、ちょっとがっかりかもしれません。
公式サイトによると、修理が完了するのは平成30年度だそうです。

追記(2017/4/6)
ちらっと寄ってきました。
場所によってはかなり咲いていましたがまだ5分咲きぐらいかな?これから本番といった感じです。




そういえば、あさって4月8日は花まつりの日ですね(お釈迦様の誕生日)。
法隆寺食堂(じきどう)で法要があるそうです。普段は公開されていない食堂へ入れるのです。
行ってみたいと思いつつまだ一度も行けていないのですが。。。

2017年3月27日

非日常感に浸れるアメリのサントラCD



中古のインポート版ですが、なんと1円でした。即買いました。
数年前に買おうか迷っていた時はこんな値段ではなかったはず。。
ファンとしては少し複雑です。。

「アメリ」とは15年ぐらい前にヒットしたフランス映画です。
15年経った今でも私の中でNo.1の映画です。

この間最終回を迎えた『カルテット』を毎週楽しみに見ていたのですが、なぜだか思い出してアマゾンで検索したら見つけたのでした。



育った環境のせいで人とうまく関われない女の子が、こっそり人助けすることで周囲と調和できるようになり、自分に似たタイプの男性と出会って恋に落ちてハッピーエンド、というお話です。

登場人物が、みんな何かしら心に闇を抱えていて、ブラックユーモア的な要素もあり、全体的に陰鬱な雰囲気で始まるのですが、最後にはほっこり温かな気分になれます。

トイカメラで撮った写真のような黄みがかった雰囲気、ノスタルジックなアコーディオンの音色、アンティークな雑貨やインテリア。非日常感がたまらないです。

そして、アメリ役のオドレイ・トトゥのかわいいこと!



美術を担当されたのはドイツ人のイラストレーターでミヒャエル・ゾーヴァさんという方なのですが、何と実際の絵を生で見る機会がありました。もう何年も前の話ですが。京都の伊勢丹にある美術スペースで展覧会があったのです。感激しました。

こちらはゾーヴァさんの画集から。豚がよく登場します。
絵のタイトルは『夏の夜』


スープのに小さな豚がいます。『スープ豚』


アメリの部屋にもランプを持った豚の置物があります。

ゾーヴァさん、結構ご高齢のはずですが、最近も活動されているんでしょうか?
検索しても最近の情報を見つけられませんでした。


さて、肝心のサントラですが、このCD、アメリを見ていなくても引き込まれる曲ばかりだと思います。
ヤン・ティルセンという、フランスの作曲家の方の作品なのですが、せつないような、懐かしいような、うまく表現できないけれど、心がぐっと掴まれる曲ばかりなのです。

とくにこの曲。『Comptine d'un autre été, l'après-midi』というタイトルなのですが、ネットで翻訳してみたら『もう一つの夏の歌、午後』という意味でした。そんな意味だったなんて初めて知りました。タイトルもいいですね。



ヤン・ティルセンの動画を探す為に『ヤン・ティルセン』と検索したら、なんとカルテットと関連付けられていてびっくり。第4話でヤン・ティルセンの曲が使われていたらしいです。なんか嬉しい。

ヤン・ティエルセン
Amazon.co.jpで詳細を見る

ミヒャエル ゾーヴァ(イラスト) , 那須田 淳(序論) , Michael Sowa(原著)
Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年3月16日

セリアで出会ったやる気のないカエル

あんた、なんちゅう顔してるねん・・・


と、思わずつっみたくなる表情をしています。
実はこれ、人差し指程の小さなカエルなのです。良くできていますよね。

セリアで物色中に偶然見つけました。
たしか、植物を飾るポットとかの近くにあったと思います。

最近よく見かける、植物の上に乗せて飾る為のグッズなのかな?
他の動物も何種類かいましたが、この子だけがこんな物憂げな顔をしていました。


『あーなんかやる気でーへんわー。。』


しゃがみこんでもたれかかっているおじさんみたいです。
よく見ないとわからないところにコソっと置いておこうと思います。

以上、セリアでの掘り出し物でした。