2017年3月27日

非日常感に浸れるアメリのサントラCD



中古のインポート版ですが、なんと1円でした。即買いました。
数年前に買おうか迷っていた時はこんな値段ではなかったはず。。
ファンとしては少し複雑です。。

「アメリ」とは15年ぐらい前にヒットしたフランス映画です。
15年経った今でも私の中でNo.1の映画です。

この間最終回を迎えた『カルテット』を毎週楽しみに見ていたのですが、なぜだか思い出してアマゾンで検索したら見つけたのでした。



育った環境のせいで人とうまく関われない女の子が、こっそり人助けすることで周囲と調和できるようになり、自分に似たタイプの男性と出会って恋に落ちてハッピーエンド、というお話です。

登場人物が、みんな何かしら心に闇を抱えていて、ブラックユーモア的な要素もあり、全体的に陰鬱な雰囲気で始まるのですが、最後にはほっこり温かな気分になれます。

トイカメラで撮った写真のような黄みがかった雰囲気、ノスタルジックなアコーディオンの音色、アンティークな雑貨やインテリア。非日常感がたまらないです。

そして、アメリ役のオドレイ・トトゥのかわいいこと!



美術を担当されたのはドイツ人のイラストレーターでミヒャエル・ゾーヴァさんという方なのですが、何と実際の絵を生で見る機会がありました。もう何年も前の話ですが。京都の伊勢丹にある美術スペースで展覧会があったのです。感激しました。

こちらはゾーヴァさんの画集から。豚がよく登場します。
絵のタイトルは『夏の夜』


スープのに小さな豚がいます。『スープ豚』


アメリの部屋にもランプを持った豚の置物があります。

ゾーヴァさん、結構ご高齢のはずですが、最近も活動されているんでしょうか?
検索しても最近の情報を見つけられませんでした。


さて、肝心のサントラですが、このCD、アメリを見ていなくても引き込まれる曲ばかりだと思います。
ヤン・ティルセンという、フランスの作曲家の方の作品なのですが、せつないような、懐かしいような、うまく表現できないけれど、心がぐっと掴まれる曲ばかりなのです。

とくにこの曲。『Comptine d'un autre été, l'après-midi』というタイトルなのですが、ネットで翻訳してみたら『もう一つの夏の歌、午後』という意味でした。そんな意味だったなんて初めて知りました。タイトルもいいですね。



ヤン・ティルセンの動画を探す為に『ヤン・ティルセン』と検索したら、なんとカルテットと関連付けられていてびっくり。第4話でヤン・ティルセンの曲が使われていたらしいです。なんか嬉しい。

ヤン・ティエルセン
Amazon.co.jpで詳細を見る

ミヒャエル ゾーヴァ(イラスト) , 那須田 淳(序論) , Michael Sowa(原著)
Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年3月16日

セリアで出会ったやる気のないカエル

あんた、なんちゅう顔してるねん・・・


と、思わずつっみたくなる表情をしています。
実はこれ、人差し指程の小さなカエルなのです。良くできていますよね。

セリアで物色中に偶然見つけました。
たしか、植物を飾るポットとかの近くにあったと思います。

最近よく見かける、植物の上に乗せて飾る為のグッズなのかな?
他の動物も何種類かいましたが、この子だけがこんな物憂げな顔をしていました。


『あーなんかやる気でーへんわー。。』


しゃがみこんでもたれかかっているおじさんみたいです。
よく見ないとわからないところにコソっと置いておこうと思います。

以上、セリアでの掘り出し物でした。



2016年12月15日

『山川 詳説日本史図録』も買っちゃった

先月、『山川 詳説世界史図録』を買ったことを書きましたが、結局日本史バージョンも買いました。



世界史の方は図書館にあったので中身を確認できたのですが、日本史の方はなぜか置いておらず、本屋を探してもなく、中身を見ないままレビューを信じて買いました。

世界史同様、こちらも写真たっぷりで説明もびっしりでいい感じ。


最初から通しで読んだわけではありませんが楽しめそうです。
歴史モノの番組を見ていても、イマイチついて行けず歯がゆい思いをしていたのですが、これでスッキリできそうです。
  • 原始・古代
  • 中世
  • 近世
  • 近代・現代
で構成されていて、「近代・現代」の章のボリュームが圧倒的に多いです。
法隆寺近辺の住民としては古代の章がもっと欲しかったのですが、幕末好きの夫は喜んでいます。



巻末付録には、年号や天皇系図、歴代内閣の概要が総理の顔写真付きで載っていたり、年表も付いています。盛りだくさんです。年表は旧石器時代から2015年まで、日本史をメインに、世界の主な出来事も併記してあって、わかりやすいです。
このボリュームで1000円以下というのはびっくりする程お得だと思います。前ページカラーだし。もともと教科書用だからでしょうか。


そして、これもニチバンのカバーフィルムでコーティングしました。
3冊目なので慣れてきました。



お子さんの絵本とかにも良さそうですよ。レビューを読んでいると、よく使うノートをコーティングされている方もいて、それもいいかもって思いました。

雑に扱っても、表紙に飲み物やら食べ物やらこぼしても大丈夫!
おすすめです。


お得です!日本史をおさらいしたい方は是非!
大型本: 360ページ
出版社: 山川出版社; 第6版 (2013/04)
Amazon.co.jpで詳細を見る


こちらの記事もどうぞ

2016年12月6日

後藤又兵衛が最後に布陣した小松山に行ってみました

NHK大河ドラマ『真田丸』も残すところ2話になってしまいました。終わってしまうのがとても悲しいです。

次回からいよいよ大坂夏の陣が始まるようですね。
哀川翔さんが演じられている後藤又兵衛は、大坂夏の陣の道明寺の戦いで小松山に布陣し、山を降りた後で討死したとのこと。

先日、その小松山の付近を車で通る機会があったので、急遽行ってみることにしました。

ネットで調べると「小松山古戦場跡碑」なるスポットがあり、そこを目指したかったのですが、Googleマップで検索してもヒットしない・・・
柏原市立体育館の裏という情報を見つけたのでそこを目印に進みました。

堺大和高田線(府道12号線)を大阪から奈良方面へ向かって進み、土師ノ里駅を越え、大和川を渡り、左手にジョイフルを越したらすぐ右側へ進む細い道へ入ります。後は「柏原市立体育館」への案内標識を目印に細い道を進んでいくと・・・

到着。おお、このこんもりしているのが小松山の頂上か!


と、思っていたら古墳でした。。。

古墳の脇に案内板が立っていました。
なるほど。この付近一帯を小松山というんですね。



この玉手山一号墳の上に奥田忠次の供養碑が建っていると書いてあります。
奥田忠次といえば、後藤又兵衛が討ち取った相手ですね。(wikiより)

肝心の「小松山古戦場跡碑」はどこにあるのかわからず、というか道が狭く、車を長く停めておけなかったので、あまりうろうろできずに退散。
が、帰ってGoogleマップのストリートビューで見直してみたら、目と鼻の先のところに建っていました。。。

やはり、行き当たりばったりではいろいろ取りこぼしますね。
でも、ここで戦ったんだな、と思いを馳せることができたので良かったです。



ちなみに後藤又兵衛の慰霊碑はここから1km程の玉手山公園内にあるそうです。
機会があれば改めて行ってみようと思います。

こちらの記事もどうぞ

2016年12月2日

難しい人生訓より、みうらじゅん

みうらじゅんさんの『マイ仏教』を読みました。



「マイブーム」や「ゆるキャラ」の人ですが、意外にちゃんとした人なんだなーと思いました。
ただの仏像マニアな人だと思っていたのですが、本当にお坊さんを目指して仏教系の中学・高校で勉強された人なんですね。

おもしろかったです。笑えたし、ためになりました。
おっ!と思ったところをいくつかピックアップしてみました。

■「自分探し」について
仏教では、「無我」つまり「本当の自分」なんてものはない、ということを二千五百年前から説かれているのです。
私は、「自分探し」よりむしろ、「自分なくし」の方が大事なのではないかと思っています。
(P.93)

■「機嫌を取る修行」
「機嫌」という言葉は元々仏教用語なのだそうです。
家庭でも恋愛でも、人間関係がうまくいっていないときというのは、得てして相手の機嫌を取ることを怠っているときです。
(P.136)
「相手のことを思って行動する」のは、人間関係の基本です。相手の機嫌をちゃんと取って、「ご機嫌」になってもらえば、回り回ってこちらの「機嫌」も良くなります。
(P.136)
そのようなとき一番いけないのは、「何でこの俺がそんなことをしなきゃいけないんだ」というものです。
(P.139)
つまり「機嫌を取る」=「自分なくし」なのです。
「何で俺が」をやめて、相手の機嫌を取ることを考えた方が、人間関係がスムーズにいくことは明らかです。しかしこれは大変な「修行」です。けれど、人に喜ばれることは間違いありません。
(P.142)
難しいのは、「機嫌を取る」ふりをしながら、ひそかにキックバックを求めてしまうことです。
(P.145)
残念ながら人間は弱いもので、どうしてもキックバックを求めてしまいます。しかし「ご機嫌界」では、「修行が足りない」ということになってしまうのです。
(P.145)

実行すると・・・
世界平和までは無理でしょうが、「周囲の平和」ぐらいまではかなり実現できると思います。
(P.145)


■「自分探し」が行き着く先
年を重ねると、自分はたいした奴じゃないという自覚が強くなってきます。
(P.151)
結局、「自分探し」が行き着く先もここです。思っていたよりたいしたことのない自分を見つけてしまう。
(P.152)
必死になって自分を探した結果が、「たいしたことない」では浮かばれません。そんな徒労を重ねるよりは、早く「自分をなくす」方法を身につけた方が、他人の機嫌も取れるし、回り回って自分も得をします。
(P.152)

確かにみうらじゅんって、テレビで見仏記なんかを見ていると、「俺が俺が」感もないし、周りの人を絶対に嫌な気持ちにさせない人という感じがします。
根底にこんな仏教の心があったのですねー。
私もそんな風になりたいです。
けど、自分を押し殺して相手の機嫌を取り続けるというのは、なかなかの苦行ですね。。


■辛い時や不安になった時は
私はどんな辛いときも「そこがいいんじゃない!」と思うようにしています。
(P.174)
先ほど、言葉が脳を洗脳していくという話をしましたが、「そこがいいんじゃない!」と唱えることで、段々とその対象を好きになっていきます。考え続けて苦しい状態も少し楽になってきます。
(P.175)
また同じように私は、「不安タスティック!」という言葉もお薦めします。不安というのは突然やって来ます。その瞬間、「不安タスティック!」と唱えれば、少しは楽になるかもしれないと思って、実践するようにしているのです。
(P.177)

辛い時や不安な時は、あれこれ考え始めて堂々巡りになる前に、「そこがいいんじゃない!」「不安タスティック!」と言ってしまうと、もはや邪念の余地がないということですね。実際に声に出すと、ちょっとアホらしくもなって気が抜けますしね。これは是非実践しようと思います。

いい本に出会えました。

みうらじゅん
新潮社 (2011/5/14)
Amazon.co.jpで詳細を見る


こちらの記事もどうぞ